虫歯と口内炎

虫歯と口内炎

虫歯と口内炎

現代人に多いとされる虫歯ですが、虫歯と同じく口腔系の病気として代表的なものが「口内炎」ということになります。
もちろん、虫歯がある人は口内炎ができやすいなどという直接的な関係がこの両者に認められているわけではありませんが、しかし、間接的には互いに密接にかかわっていると考えることもできます。

 

 

というのも、虫歯ができることで、痛い歯で噛むことを避けるために口の中を噛んでしまって、そこから口内炎に発展してしまうことも多いですし、
他にも、虫歯の治療をしている最中に、金属と頬の裏側や下が当たってしまう、あるいは、歯の尖った部分が口の中を傷つけてしまうことも珍しくありません。
口の中に傷ができると、当然その部分が口内炎になる確率は高まります。

 

 虫歯の治療はたいていの場合予約制ということになりますから、次回の予約までにたいていは1週間以上かかってしまうことになりますので、
そうなってしまうと待機している間に口内炎が悪化してしまうことが考えられます。
そんな場合は歯科に相談すると、歯の尖った部分を軽く削ってくれるなどの調整をしてくれるはずです。

 

口内炎というのは、どうも「治りやすい」というふうに評価されることが多いように感じますが、歯のとがった部分が触れる、あるいは金属の突起が触れることによって悪化してしまうこともあります。
ひどい場合には、口内炎の部分が化膿してしまうことも考えられますので、そうならないためにはできるだけ早めのタイミングで歯科に相談することをおすすめします。

 

大島のさくら歯科がオススメです。

虫歯と口内炎関連ページ

美しい口元づくり
美しい口元づくり

ホーム RSS購読 サイトマップ