第一志望合格のための予備校の選択

第一志望合格のための予備校の選択

第一志望合格のための予備校の選択

私は大学受験のため、高校3年生から予備校に通っていました。
私の通っていた予備校は、直接先生が教えてくれる授業形式ではなく、DVDによる授業でした。
DVDの良い点は、自分の都合に合わせて受講できる点や、もう一度復習のために同じ授業を受講できる点にありますが、結果的には私に合わなかったと思います。

 

どんな予備校に通うかといったことや、どんな勉強方法が良いかということは、受験生それぞれによって違います。
このDVDの授業は、一人でコツコツ勉強できるような受験生には良いですが、人に見られている意識がないとつい集中力が切れる受験生には向いていません。

 

また、自分の都合に合わせられるということは良いことですが、あまりにも前回の授業から時間が経ってから次の授業を受講するとなると、せっかく前回の授業で理解したところも、忘れてしまう可能性があります。
そうなると、次の授業での理解が難しくなります。

 

また、わからないときにすぐに先生に質問することができません。
予備校にはスタッフがいますが、その授業の専門ではないので、必ず受験生の質問に答えられるとは言えません。
以上のことを踏まえ、私は予備校の授業は直接先生から指導してもらえる対面式のものをお勧めします。
自分自身に合っているかということだけでなく、同じ授業を一緒に受ける仲間がいれば、更に頑張ろうという気持ちも芽生えます。

 

そのような仲間と切磋琢磨した方がより第一志望合格にも近づけると思います。

 

第一志望合格のための予備校の選択関連ページ

誰でも映画監督になれる?
誰でも映画監督になれる?
プロに教えてもらおう
プロに教えてもらおう
ゴルフスクールとは
ゴルフスクールとは

ホーム RSS購読 サイトマップ