誰でも映画監督になれる?

誰でも映画監督になれる?

誰でも映画監督になれる?

映画監督は誰もなれるものなのでしょうか。実際、誰でも出来るかといえば誰でも映画監督になることが出来ます。自分の友達を俳優さんやスタッフとして使い、高い機材も使わないで家庭用ビデオカメラで撮影することも出来ます。ただそれは自分の趣味だけの映画であって、映画館で上映するものではありません。

 

 

私たちが見る映画において、映画監督は誰でも出来るかと言われると、そうではありません。日本において日本の映画は一年間に作成される本数は約300本と言われています。

 

もちろん自主映画として個人で楽しむための映画を含めると数え切れない数になると思いますが、この300本という数字はきちんと映画という形になっているものを指した場合の数です。つまり、年間約300人くらいしか映画監督になれないということなのです。日本には日本映画監督協会というものがあり、その協会に登録している人の数が約600人という事を考えると、やはり映画監督になるには簡単では無いことが伺えます。

 

また、映画監督として成功してそれを本業としていける人はごくわずかなのです。私たちが知っている映画監督はとても有名な人で、映画監督だけで生計を立てていけるのですが、ほとんどの映画監督は映画監督とは別の仕事をして生計を立てている人が多いのです。中には映画とは関係のない仕事をしている人もいるのです。

 

映画が好きだという情熱がないと厳しい業界なのです。映画監督になれたとしても、映画監督として生計を立てていけるのは難関なのです。

誰でも映画監督になれる?関連ページ

プロに教えてもらおう
プロに教えてもらおう
第一志望合格のための予備校の選択
第一志望合格のための予備校の選択
ゴルフスクールとは
ゴルフスクールとは

ホーム RSS購読 サイトマップ