一括借上げ物件について

一括借上げ物件について

一括借上げ物件について

今回も、まずは用語についての説明から入ることにします。
今回注目したいのが、「一括借上げ物件」というキーワードです。これまでに賃貸物件選びを経験された方でも、もしかしたら一度も耳にしたことがないキーワードであるということになるかもしれません。そのくらい、不動産関連の知識に乏しい人からすれば、ほとんど無縁のことばであると言えます。
で、この「一括借上げ物件」についてですが、これは、早く言ってしまえば「又貸し」に当たる物件です。

 

 

建物のオーナーはちゃんといるのですが、これを不動産会社がまとめて借り上げ、それを一般の入居しに貸し出しているような賃貸物件を指します。
ご存知ない方からすれば、「そんな物件がほんとにあるのか?」と疑問を抱かれるかもしれませんが、そういう賃貸物件は実に多いです。
たとえば、「レオパレス21」や「大東建託」のようなマンスリーマンションやワンルームマンションのほとんどが「一括借上げ物件」に当たります。
この方式の場合、特にオーナーさんからすると非常にメリットが多いのです。

 

というのも、まずは「空室」のリスクがないのです。
自分で建てた物件を不動産会社が借りているわけですから、入居者の有無にかかわらず、賃料は毎月しっかりとオーナーの元に入ってくるシステムなのです。

 

では、今度は、一般の入居者にとって「一括借上げ物件」にはどんなメリットがあるのか、これについて説明しますが・・・入居者にとって生まれるのが、本当に「メリット」だと思いますか?

一括借上げ物件について関連ページ

一括借上げ物件のリスク
一括借上げ物件のリスク
撮影スタジオに特化して成功のレンタル業
撮影スタジオに特化して成功のレンタル業

ホーム RSS購読 サイトマップ