融資の申し込み

融資の申し込み

融資の申し込み

事業計画書は、あとは資金調達だけという段階で作成することになりますが、資金調達のために起こすべき行動といえば、当然「融資の申し込み」になります。

 

融資申し込みの際には、事業計画書とは別に、店舗物件の賃貸借契約書(仮約款の場合も含む)、見積書、運転資金の算出方法についての詳細、融資の利用目的などについて、書面にして提出することになる場合が多いです。

 

特に、融資の利用目的の部分については、申し込みの際の接見時に、より具体的な質問を受けることになると思いますが、これに関してしっかりと受け答えできないと、審査結果に影響がおよぶおそれがあります。

 

融資額については、当然申し込みをする人の要望を述べる必要がありますが、しかし、この場合に気をつけなければならないのが、借りる側が自分勝手な発想で融資の依頼をしてしまうと、評価が低くなってしまうという部分です。

 

融資というのはあくまでも、「お金を貸していただく」ことであり、その申し込みに関しては、あくまでも融資を「お願いする」ということを忘れてはいけません。

 

 

ですから、融資の利用目的には詳細な理由がともなわなければならず、その部分がいい加減なものになってしまうと、評価が低くなります。

 

もちろんその場合、融資可能額が減らされてしまう場合が多いです。

 

これはある意味「金融業界だけで通用するマナー」であると考えられますので、それほどその世界に通じていない一般の人々が、違反を犯しやすい部分であることは、しっかりと認識しておく必要があります。


ホーム RSS購読 サイトマップ