最低限所持しておきたいもの:クレジットカード

最低限所持しておきたいもの:クレジットカード

最低限所持しておきたいもの:クレジットカード

海外旅行に行く際に気をつけなければならないのがクレジットカードの所持です。これは、パスポートの次に大事なぐらい必要な物です。特に他の先進国又は新興国にいきますと、現在、現金はほとんど使われていません。現金はせいぜい日本円で5千円もあればよいでしょう。それでも多すぎかもしれません。

 

 

まず、ホテルに泊まる際にインターネットや電話で予約しても、カードでデポジット(物を破損した際などの保証金)を払うため、カードを見せなければなりません。ナンバーを確認するだけのホテルもあります。

 

ホテルを出る際に何もなければデポジットは返してもらえます。それと、相手はクレジットカードを見慣れていますので、カードのクラスが高い方が良いお部屋に通してもらえます。その確率が高いです。最低でもVISAがついてれば困る事はないでしょう。他にもレンタカーを借りる際にカードの提示が求められます。

 

 

これもデポジットで、盗難のリスクヘッジを相手はかけるのです。海外旅行にはかならず持っていった方がよいです。海外ではカードを持っていないと信用されません。レストランでも席でカード払いなのです。

 

日本は現金が多く出回っているため、日本に長くいると気がつかないかもしれません。その上、カードですと盗難の際に電話をすれば使用をすぐ止めてくれるので安心です。自分で使ってないお金は払わないでも良いのです。

 

現金を持っていますと強盗に非常に狙われやすいです。また、現地で思わぬ怪我、病気になった際にはカードには保険が付いていますので、思わぬ大出費がなくなります。あとでカード会社に請求できるのです。このような理由で海外ではクレジットカードは必需品です。

最低限所持しておきたいもの:クレジットカード関連ページ

知っておきたい情報:現金の持ち歩き方
知っておきたい情報:現金の持ち歩き方

ホーム RSS購読 サイトマップ