歯科

歯科

現代人に多いとされる虫歯ですが、虫歯と同じく口腔系の病気として代表的なものが「口内炎」ということになります。
もちろん、虫歯がある人は口内炎ができやすいなどという直接的な関係がこの両者に認められているわけではありませんが、しかし、間接的には互いに密接にかかわっていると考えることもできます。

 

 

というのも、虫歯ができることで、痛い歯で噛むことを避けるために口の中を噛んでしまって、そこから口内炎に発展してしまうことも多いですし、
他にも、虫歯の治療をしている最中に、金属と頬の裏側や下が当たってしまう、あるいは、歯の尖った部分が口の中を傷つけてしまうことも珍しくありません。
口の中に傷ができると、当然その部分が口内炎になる確率は高まります。

 

 虫歯の治療はたいていの場合予約制ということになりますから、次回の予約までにたいていは1週間以上かかってしまうことになりますので、
そうなってしまうと待機している間に口内炎が悪化してしまうことが考えられます。
そんな場合は歯科に相談すると、歯の尖った部分を軽く削ってくれるなどの調整をしてくれるはずです。

 

口内炎というのは、どうも「治りやすい」というふうに評価されることが多いように感じますが、歯のとがった部分が触れる、あるいは金属の突起が触れることによって悪化してしまうこともあります。
ひどい場合には、口内炎の部分が化膿してしまうことも考えられますので、そうならないためにはできるだけ早めのタイミングで歯科に相談することをおすすめします。

 

大島のさくら歯科がオススメです。

続きを読む≫ 2014/12/26 17:17:26

過去の政府の政策が間違ってきたために現在の日本では患者数に比例して歯科医師の人数が過剰になっており歯科医院の運営が厳しくなっております。

 

特に現代に日本の人口構成が少子高齢化になっておりますので患者数の減少から歯科院の経営が難しくなっております。
地域によっては歯科医院の過当競争から廃業に追い込まれる歯科医院が続出する有様ですが、その様な状況の中でも新しい技術の導入や虫歯や歯肉炎などの予防に力を入れたりして患者のトータルなケアで人気のある歯科医院もあります。

 

また、アメリカやヨーロッパなどの歯科技術の先端的な技術を積極的に導入して新たな患者の需要を換気して聖王している歯科院もあります。
今までの古いタイプの歯科医院が行なってきた虫歯と歯周病などの治療に頼らないで、定期的な検査を通じて虫歯や歯周病の予防を行なうことに力点を入れて地域の患者の口内の健康に寄与して人気のある歯科医もあります。

 

さらに、都市部の歯科ではインプラントや審美歯科、美容歯科、矯正歯科に特化して成功を納めているところもあります。
アメリカなどの歯科技術の先進国では、かなり以前から歯磨き粉やブラシが徹底してきたので虫歯や歯周病は激減しており、歯科医は歯や歯周病の治療よりも「より美しい口元づくり」に方向性をシフトして来ました。

 

その象徴的なものとしてインプラント技術の進歩から審美歯科の新しい技術で美しい口元を作ることが当たり前になっています。
テレビや映画などを注意深く見ますとアメリカの俳優やモデルたちのスマイルをした時の歯の美しさは日本の場合と比べますと圧倒的に違います。
一昔前は女性の美しさは皮膚の美しさや着ている衣装に偏っておりましたが、最近では顔の中央にある口元の美しさや爽やかなスマイルが重要になっています。

 

続きを読む≫ 2013/08/27 17:03:27

ホーム RSS購読 サイトマップ